夢合宿2013を開催


 7月27・28日,毎年恒例の小学校5・6年生を対象にしたサイエンス夢合宿が開催されました。

 1日目は開講式のあと,「作って学ぼう正多面体の不思議な性質」,「液体窒素で化学実験!『冷たい体験』しよう!」,「パソコンでコンビニの店長になろう!」の3組に分かれて体験コースを実施しました。
子どもたちもお父さん・お母さんたちも,普段体験できない内容に驚いたり,大喜びしたり。

science_yume01風船を液体窒素に浸けると,みるみるうちにしぼんでいきます。

science_yume02紙を張り合わせて正多面体を作っていきます。何種類できたかな?


 体験コースの後はゲームタイム,チェックポイントで指令をクリアしたりクイズに答えて競争する「キャンパス探検 -スワリカ・クエスト-」を行いました。初対面の子どもたちも一気に打ち解けてきたようです。

 その後夕食をはさんで,自然写真家で山梨大学大学院生の五味直哉さんによる講演会「シクリッドの行動・私たちの心」を聴きました。シクリッドという小さな魚の行動を,実際に水槽をのぞきこんで観察しながらお話を聴きました。

 夕方激しい雨が降りましたが,夜にはすっかりあがってお楽しみの花火大会も無事行うことができました。

 2日目はラジオ体操から始まり,朝食の後,ものづくりコースを行いました。「空き缶ソーラーカーを作ろう!」,「電子オルゴールを作ろう!」,「無限に広がる光の宝箱」など7つの組に分かれて工作を行いました。こちらもみんなとても楽しんでくれたようです。

science_yume03電子オルゴール作りのグループです。はんだ付けが初めての人もしっかりできました。

science_yume04記念写真を入れて完成。左側に入っているのが作った電子オルゴール。右は本来のキットに入っている普通のオルゴール。


 

 最後に閉講式で子どもたち一人一人に修了証が手渡され,2日間の合宿が終了しました。

 この子どもたちの中から,将来の日本を背負って立つ科学者や技術者が出てくることを期待したいと思います。