三菱電機(株)大船事業所において技術講演会が開催され 本学教員が講演

近年、高速大容量化を目指した次世代携帯電話システムや高速無線LAN システムなどの開発が活発化している中、三菱電機の開発システム技術部会が主催する通信システム開発に関する技術講演会が3月1日(金)、神奈川県大船事業所において開催されました。
これには三菱電機の開発技術者50名以上が参加する中、三菱電機からの要請を受け本学システム工学部電子システム工学科の松江教授が無線通信技術に関する技術講演を行いました。
また、松江研究室の大学院生宮坂浩平君が自ら開発した高速無線通信システムをコンピュータ上において動作させるデモンストレーションをおこないました。
その後の質問会や懇親会において三菱電機開発技術者との活発な質疑応答がおこなわれ、無線通信分野における研究開発の関心の高さを示していました。

20130319_1[1] 20130319_2[1] 20130319_3[1] 20130319_4[1]