真夏のマドンナ2013


 東京理科大学のプロジェクト「科学のマドンナ」の夏イベント,全国の女子高校生を対象とした「真夏のマドンナ」が8月7日~9日の日程で開催されました。昨年までは北海道長万部キャンパスで開催されていましたが,今年は初めて諏訪で開催されました。

 初日,最初はなんとなく硬い表情の人もいましたが,今イベントをサポートしてくれるリケチェン(理系女子開発プロジェクト)の女子大学生が,話しかけたりしてリラックスしてきました。
このあと本学学長の講演などがありました。

summer_madonna01
2日目午前中は模擬授業と実験
 左の写真は「正多面体を作ってみよう」の一コマ。
正三角形や正方形などのピースを組み合わせて正多面体を作っています。

 楽しんでいるだけのようにも見えますが,正多面体が5種類しかない理由やオイラーの多面体定理の説明があったりと,楽しみながらちゃんとお勉強も。


summer_madonna02
午後は霧ヶ峰高原へフィールドワーク
 高原の風を感じながら,高山植物を観察したり,野生動物を探したり,都会では絶対にできない体験ができたと思います。
 そして,夜はお待ちかねバーベキューです。
頭もいっぱい使って,体も使っておなかもすいたのか,みんなたくさん食べていました。
 この後も,クイズラリーで校舎を駆け巡ったり,花火をやったりと盛りだくさん。
 みんなほんとに元気ですね。


summer_madonna03
いよいよ最終日
 みんな名残惜しそうです。全体で記念写真をとったあとも,新しくできた友達どうし,あるいはお世話になったリケチェンと一緒に写真を撮る姿があちこちで見られました。
 イベントの企画に携わった教職員やリケチェンの方々,模擬授業などの講師を引き受けてくださった先生方,どうもお疲れさまでした。