工事担任者AI・DD総合種の国家試験に合格


 本学科は各種資格の取得に向けた支援活動を積極的に行っており,
http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/qualify-support/

 夏休み期間の8月29日と20日に大学主催で行われた試験対策講座である集中講義実施するとともに,これまで学科の授業で学んだ、数学、物理、電気回路、電子回路、通信工学、ネットワーク工学などを総合的に復習しながら過去5年間分の試験問題にも積極的に取り組んでいます。

その結果、 11月24日(日)に実施されました電気通信設備工事担任者 AI・DD総合種の国家試験に、システム工学部電子システム工学科3年の向山一成君が合格しました。

 AI・DD総合種は工事担任者の中の最上位種であり、合格率は15%程度と難関国家試験であるため,今後の卒業研究活動が楽しみな学生の1人です。

試験勉強の様子1

試験勉強の様子1

試験勉強の様子2

試験勉強の様子2

関連ページ
 国家試験等の資格取得に向けた支援活動について:
 http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/info/info_gakka/2013_08_30/
 http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/qualify-support/

 学生に合わせた教育方針 -基礎学習から専門応用へ-:
 http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/introduction-policy/
 http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/info/info_gakka/2013_11_27/

 東京理科大学との教育連携:
 http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/course-admission/
 http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/info/info_gakka/2013_11_04/