[学科紹介1]コンピュータメディア工学科とは!!

諏訪東京理科大学に2014年4月!! 新設する(新しくできる学科!)コンピュータメディア工学科とは、どんな学科なのか?について簡単にまとめます。

20140121_1

 

 

 

[学科の内容と学科の強み] 情報工学を学び、ディジタルメディアを発信できる人材を育てます
 スマートフォンも、ロボットも、コンピュータグラフィックスも、すべて情報工学を学び応用したメディア、つまりコンピュータメディア工学です。

20140121_2

 

 

コンピュータメディア工学科の特徴は、
[特徴1] 基礎学習から専門応用まで学べる学生に合わせた教育方針 
情報工学の基礎から応用までを学生に合わせた教育方針で身につけ(分かるまでつきあう制度など)、自分のアイディアをソフトウェアとハードウェアの両面から新たなカタチとして実現できることです。座学だけではなく、プログラミング(ソフトウェア)や組み込みシステム(ハードウェア)および資格支援などを通じて実践力の修得を目指します。
また個人パソコンを1年次から持ち、プログラミングや1年次から3年次までの実験で活用します。
学生に合わせた教育方針 -基礎学習から専門応用へ-
[学科の特徴1]分かるまで付き合う制度
国家試験等の資格取得に向けた支援活動

131111_8

コンピュータメディア工学科の学び

 

[特徴2] 早期からの専門性を高める3年次からの研究室配属
早期からの専門性を高めるため、3年次からはマルチメディアに代表される画像・音響・情報分野、携帯電話等の通信ネットワーク分野、ロボットや医療福祉などの計測・制御・知能、これらを統合したコンテンツ開発などのマルチメディア創成を各研究室で学び、高い大学院進学率と就職率を目指します。
3年次からの研究室配属-早期からの専門性を高める-
本学4年生が河村学長先生に論文賞受賞の報告
地元放送局に内定した学生の声

1545835_573942146014712_2097397520_n

3年生から研究室配属して先輩達と一緒に学ぶ山口千佳[豊科高校出身]さん

 

[特徴3] 東京理科大学および産学官との連携
東京理科大学への編入および東京理科大学へに大学院進学,そして東京理科大学との交流を行いながら、信州茅野の地で時代に左右されない知識と技術を学びながら、大学と企業さらには公官が一緒になって実践的な技術の習得や未来創造的な研究を行います。
東京理科大学との教育連携-編入・大学院進学-
東京理科大学への編入学・大学院進学状況
東京理科大学に編入学・大学院に進学した先輩たちの声

20140121_5

東京理科大学(野田キャンパス)に編入した渡辺泰平君[甲府工業高校出身]と
東京理科大学大学院(神楽坂キャンパス)に進学した大場正太君[高遠高校出身]

 

 

 情報工学を学び、自分のアイデアをソフトウェアハードウェアの両面から新たなカタチとして実現できる!コンピュータメディア工学科で学んで見ませんか!!