[画像・音響・情報分野]田邉造研究室学生の研究紹介(音響編)

コンピュータメディア工学科は4つの柱から構成されています
(学ぶ4本柱http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/introduction-learn/を参照)

その一つである画像・音響・情報分野の田邉造研究室・武田俊君[飯田工業高校出身]、両角葉月さん[岡谷工業高校出身]、名取完[東海大甲府高校出身]が研究を行っている田邉研究室・音響班の研究を紹介します。

田邉研究室の音響班は、取り出したい目的の音(例えば音声)に雑音(取り除きたい不必要な音)が混じった観測信号(音声+雑音)のみから、取り出したい目的の音を抽出する研究をしています。

この技術は、既存のノイズキャンセラーヘッドフォンとは異なり逆位相の波を使わず、予測技術を用いることから、研究室独自の技術であり特許を持っています! 以下簡単は絵での説明です。

20140202_1

現在、田邉造研究室では、彼ら学生達のアイディアが、
(1)iPhoneカラオケアプリである“カシレボ!JOYSOUND”の技術、
  http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/info/info_gakka/20140128_3/
  http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/info/info_gakka/2013_10_21-2/
(2)工場雑音を抑圧する組み込み技術、
  http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/info/info_gakka/20140117-1/
  http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/info/info_gakka/20140120_1/
  http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/info/info_gakka/2013_11_14/
(3)妊婦さんのお腹にいる胎児の心音を抽出して胎児の健康を調査する技術
 http://www.rs.suwa.tus.ac.jp/nari/backnumber/2011/photo/2011_09_19/03.pdf
(4)観光・美術館・宇宙の分野における可視光技術、
などに実用化されたり、または活用されたりしつつあります。