[通信・ネットワーク分野]松江・山口研究室学生の研究紹介(その1)


松江・山口研究室では、スマートフォンなど次世代の無線通信とネットワークに関する新たな技術の発掘に挑戦しています。第1回目は,松江研究室が現在挑戦している無線通信分野を紹介させて頂きます。

分野1、通信速度の高速化
  「マルチユーザMIMO(多入力多出力)の研究」
  担当者:大学院1年・長橋君[松本工業高校出身]
  概要:安曇野市で展開しているWiMAXの実験ネットワークを用いて、マルチユーザMIMOの
     フィールド実験を行っています.またこのフィールド実験結果と大学での理論的な
     計算機シミュレーションと比較しながら,その成果を多数の学会で発表しました。
     今後も更なる通信速度の高速化を目標に研究を継続していきます。
安曇野でのフィールド実験の様子1

安曇野でのフィールド実験の様子1

安曇野でのフィールド実験の様子2

安曇野でのフィールド実験の様子2

大学での理論的な計算機シミュレーションの様子

大学での理論的な計算機シミュレーションの様子

研究成果を学会発表した様子

研究成果を学会発表した様子

「次世代携帯電話システム用SC-FDMAにおける高速追随等化技術の研究」
担当者: 秋山君、新開君(4年生)
概 要: LTEで使われている従来のMMSE規範で制御したSC-FDMA高速追随等化方式に
     対して、更なる高速化通信を実現するため、データを逐次利用可能なRLSアルゴ
     リズムの適用を検討しています。
シミュレーションの様子1

シミュレーションの様子1

シミュレーションの様子2

シミュレーションの様子2

「高速同期方式の研究」
担当者: 宮坂君(院2年生)
概 要: 無線などに用いられるOFDM信号に関して、タイミング同期、周波数同期などの同期技術
     について、一層の高速追随が可能な方式を提案して、これまでに6度の学会発表をおこな
     いました。また、今年3月には、大手企業からの要請を受けて技術講演も行いました。
     現在、これまでの集大成を修士論文にまとめています。
学会発表の様子

学会発表の様子

企業におけるプレゼンの様子

企業におけるプレゼンの様子

関連ページ
 教員紹介:
 http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/teacher-cn-matsue/
 http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/teacher/
 卒業研究:
 http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/introduction-research/
 学生の学会発表の様子:
 http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/info/info_gakka/2013_03_21/
 大手企業との交流の様子:
 http://www.cs.suwa.tus.ac.jp/info/info_gakka/2013_03_19/