教員紹介

教員紹介

ディジタルメディア創成

山口 一弘 助教の紹介

山口 一弘 助教
やまぐち かずひろ
山口 一弘 助教 (Kazuhiro YAMAGUCHI)

→先生の特色ある授業と研究内容はこちら

研究テーマ
・立体映像処理
・画像・信号処理
・無線通信システム
研究キーワード
・ホログラフィ ・画像・信号処理 ・無線通信システム
研究概略
3DTVのように、映像を立体として観察できる立体表示技術が研究されています。特にホログラフィは、理想的な立体表示技術といわれ、人の目に違和感のな い自然な立体像を表示できます。このホログラフィを用いた次世代の立体映像表示技術の実現を目指し、研究を進めています。
詳細内容

・ホログラフィ

ホログラフィとは、物体から発せられる光の情報を完全に記録・表示可能な技術です。物体からの光の情報を干渉縞として記録し、ホログラムが作成されます(左図)。ホログラムに対して光を照射すると、先ほど記録した物体が浮かび上がって見えます(右図)。
ホログラフィは、立体映像表示だけではなく、クレジットカードなどのセキュリティ用途、ホログラフィックメモリといったデータストレージ用途など応用されています。

・ホログラフィを用いた立体映像表示

ホログラフィを立体映像表示として応用することで、人が実在物体を観察するのと同様な、目に違和感のない自然な立体映像表示が可能になります。計算機シミュレーションによってホログラムを生成する計算機合成ホログラムを用いて、コンピュータグラフィックス技術で作成した仮想物体から立体映像を作り出すことができます。よりリアリスティックな立体映像表示を目指して研究に取り組んでいます。