教員紹介

教員紹介

画像・音響・情報

河合 浩志 准教授の紹介

河合 浩志 准教授
かわい ひろし
河合 浩志 准教授 (Hiroshi KAWAI)

→先生の特色ある授業と研究内容はこちら

研究テーマ
・スパコンによる大規模構造解析
・CG技術を用いたシミュレーション結果可視化
・クラウドベースCAE
研究分野
シミュレーション、可視化、CG、並列処理
研究内容
コンピュータシミュレーションおよびこれを応用したものづくり・設計支援技術に関する研究および開発を行っています。具体的には、スパコンと並列処理技術を用いた大規模シミュレーション、CG技術を用いた解析結果の可視化、またクラウドベースCAD・CAEシステムの開発などを行っています。
所属学会
日本機械学会、日本建築学会
社会活動
オープンソースCAEパッケージ ADVENTUREの開発と普及
研究履歴
・統合数値計算プラットフォームの開発
・GPUを用いた並列有限要素解析
・地球シミュレータおよび京コンピュータ上での大規模構造解析
・四面体要素を用いた三次元き裂進展解析の自動化
・構造解析向け大規模並列可視化
・グリッド環境上での設計最適化
・連成解析向け並列カプラー
・CADデータからの自動メッシュ生成とアダプティブ解析
・仮想現実感技術によるプリポスト処理
・WebベースCAEシステム
受験生へのメッセージ
コンピュータを用いたものづくり・設計技術の未来について熱く語れる技術者魂の持ち主よ来たれ。(その他いろんな分野のマニア歓迎)
企業の方へのメッセージ
構造力学分野向けシミュレーション技術を中心に、さまざまな構造物の解析、設計および基礎となる力学・数学・情報関連技術について研究しています。