教員紹介

教員紹介

計測・制御・知能

清水 俊治 教授の紹介

清水 俊治 教授
しみず しゅんじ
清水 俊治 教授 (Syunji SHIMIZU)

→先生の特色ある授業と研究内容はこちら

研究テーマ
・新たな医療診断技術の開発
・在宅医療・介護システムの開発
・ヒトの手の運動特性を考慮した製品設計手法の研究
研究キーワード
・福祉工学  ・医用工学 ・ヒューマンサイエンス
研究概略
高度な医療や介護によって、安全に暮らし、便利な製品を使い、豊かな環境で生活するためには、脳の仕組みや情報処理の仕方を調べることが大切です。このよ うに調べた結果は、医用工学分野では新たな医療診断装置の開発や、福祉工学分野では高齢者や障害を持った方でも動きやすい空間を設計したり、さらに脳工学 分野では使いやすい製品の開発等に役立ちます。
詳細内容
ヒトは状況を瞬時に判断し、的確に認知・判断します。このとき、ヒトの脳でどのように情報が処理され、身体をコントロールしているかを調べることで、ヒューマンエラーを未然に防ぐ支援システムの開発を目指しています。
研究室の様子
左の図は卒業実験風景です。
手の運動機能に関する研究のために、計測データを収集しています。特殊なグローブを手に装着することで、手指の動きに対して反力が発生します。
力に逆らって手を動かすと、その動きと力の大きさを計測でき、ノートパソコンにも表示できます。しかし、実は、取材用に急遽セッティングしたものです(笑)
OB会・OG会の様子
食事会(左上)とお花見(右下)の時に写した写真です。この中に入ってみませんか?
東京大学より伊福部先生にお越し頂き、特別授業をしていただきました。